おもちゃの輸入

現代はインターネットが普及しているため、ネットショッピングという感覚で気軽に中国からおもちゃなどの製品を輸入やる人も増えています。
実に、サイトには中国商品を使う輸入コンサルタントもたくさんみられます。
しかしこういうとき注意しなければいけないことがあります。

中国からブランド品などを輸入して購入しようと思ったとき、ブランド品ならば中国製というだけであきらかに面白いとか、見た目にも些か変だと分かるかもしれません。
ブランド品の偽物や、許可を得ていないアニメの関連グッズなどは輸入の規制がかけられているため正規の輸入ルートで入ってきたものは安心です。
しかしそんなに盲点となっているものが、「おもちゃ」なのです。
中国のおもちゃは、日本のようにつらい規制がありません。
ですから口に入れたら危険な塗料などが平気で使われているのです。
日本の場合、おもちゃにも食品衛生法の規制がかけられていらっしゃる。
おもちゃなのに、「食品?」というでしょうが、これは乳幼児などの低年齢の子供向けのおもちゃに関してのみかけられていらっしゃる。
狭い子供は何でも口の中に入れてしまうため、食品において口に入れるものとして安全面の配慮がされています。
食品衛生法によると、乳幼児のおもちゃ、知育玩具、ままごと、ボール、人形、これらとセットで遊ぶおもちゃなどは、規格基準を満たす必要があり試験方法も定められています。
規格基準を満たしていなければ、輸入販売ができないとされています。
ですから正規に輸入されたものは安心です。
しかし、輸入コンサルタントによってネット上で個人でアリババなどのおもちゃを購入した場合は、中国国内に流通している品質のおもちゃです可能性が高いです。
日本の食品衛生法の基準を満たしていないものかもしれません。
また8歳以上の子供を対象としたおもちゃは食品衛生法の規制対象外なので、おもちゃの対象年齢を8歳以上にやるものもあるかもしれません。

コンサルタントの中には、日本のお客様向けに、日本語対応を通して大々的に顧客獲得に乗り出しておる業者もいらっしゃる。
様々な業者がいますから、日本国内でのネットショッピング感覚で気軽に利用するのではなく、輸入についてのふさわしい知識も個人として敢然と保ち、安全な商品を安心して購入できるようにしましょう。http://痩せ菌サプリメントなら.xyz/