お中元と暑中見舞いの違い

夏になるとお中元や暑中見舞いなど贈り物をあげる機会が増えますが、お中元と暑中見舞いの違いをご存知でしょうか?
お中元は、いつもお世話になっている方に感謝の気持ちを込めて差し上げるもので、暑中見舞いは、年間とりわけ暑い時期に知人の健康を気遣ってささげるもののことです。
お中元も暑中見舞いも、相手を気遣ってあげるという点では同じ意味を持っています。

お中元は中国から入ってきた文化で、夏の時期に贈り物を持って挨拶回りするというものですが、遠方の人には挨拶に行くことはできません。そこで、品物の代わりに手紙で挨拶状を描き出すようになったのが暑中見舞いの始まりだ。そのため昔は、お中元は品物を差しあげる、暑中見舞いは挨拶状を差上げるという意味合いが強いものでした。
しかし今では暑中見舞いもお中元も多様化してきてあり、暑中見舞いも挨拶状ではなく品物を買い与えることがあります。

お中元と暑中見舞いの大きな違いはというと、それはささげる時期にあります。
お中元を捧げる時期は関東と関西で違っていて、捧げるあちらによって授ける時期を注意する必要があります。
お中元の場合、関東は7月初旬から7月15日までに近づくように贈り、また、関西ものの旧盆の習慣がある地域では、7月下旬から8月15日までに近付くように贈ります。
暑中見舞いは暑さのピークを見舞う物で、立秋です8月7日までとされています。
ちなみに、もう一つの夏ギフトです残暑見舞いは相当終わらない暑さを見舞う物で、立秋以降の9月上旬までに贈ります。

もしうっかりしてお中元の時期を過ぎてしまったら「お中元」ではなく「暑中御見舞」として贈っても大丈夫です。暑中見舞いの時期も過ぎてしまったら「残暑御見舞」として贈ります。
お中元と暑中見舞いは別のものなので、両方贈っても問題ありません。また、両方贈らないといけないはもないので、両方贈る方もいれば、どちらか一方だけの方もいらっしゃる。

お中元と暑中見舞いには、これを絶対したらダメというルールやマナーは明確にはありませんが、相手に違和感をさせたり、マナー違反な人だと思われたくはないものです。
明確なルールやマナーがないからこそ、相手の状況や立場になって負担が少ない方法を選ぶと良いでしょう。http://xn--n8jwa1bn0d0kpmha3guc4o2e2ib.xyz/