エアコンクリーニングの方法

毎日のように用いるエアコンですが、その内部の汚れが風と共に運ばれてある。
内部は気づかないうちに埃だらけになっているのです。
そのために、咳が止まらなくなったり、花粉症の症状となったりするケースも少なくありません。
そこでエアコンクリーニングを考えることになります。
業者に依頼してエアコンクリーニングをやってもらうことが一番確実ですが、その方法を知っておけば自分でもできます。
いくつかのポイントを説明ください。
まずは、用意する道具だ。
歯ブラシ、バケツ、ビニールシート、洗剤、長い柄付ブラシなどです。
洗剤はエアコンクリーニング用として販売されている商品がおすすめですが、断じてそれでなければならないわけではありません。
初めての場合は、無難なものを選ぶべきでしょう。
それから、ホコリを除くために水を掛けますから、床が濡れないようにしておくことが重要です。
エアコンの周囲をビニールで覆い、床下まで垂らすようにしてください。
そして、汚れた水がビニールを伝って、バケツに入るようにセットすることです。
こういう作業だけでも半くらいかかるかもしれませんが、その後の作業を確実にやり遂げるための準備だ。
適当にやっては意味がありません。
エアコンのカバーを取りはずすため掃除がしやすくなりますが、その方法はエアコンの仕組みをよく理解している人だけにおすすめです。
必ず外して、プラスチックが欠けると、修復のための費用がかかってしまいます。
何のために業者に依頼せずに自分でやっているのかわからなくなります。
不慣れ場部分もあるでしょうが、全部取り止める時間は2時間程度としておいてください。
その間、もっと上を見上げて、手も伸ばしたままですから、一番肩や首が痛くなります。
こういう作業の方法は運動不足の人には無理です。
ただ、毎年やっているとだんだんと容量がわかってきます。
怪我をしないように注意するだけですむでしょう。
道具もひとたび購入すれば、ビニールなどのディスポーザブル以外は再利用できますから、どんどん無駄にしないことが重要です。
エアコンクリーニングは目に見えない部分の掃除ですから、いまひとつ責任を感じない人もいるでしょうが、埃で咳が止まらないケースもあります。http://www.skybond.co.uk/