ゲーム機

日本の子供たちの間で人気のゲーム機。
もはや小学生もほとんどの子が秘めるゲーム機は、子供たちのおもちゃとして定着している。
昔ながらのボードゲーム、人形、ブロックなどのおもちゃ市場ではなく、家庭用ゲーム機、ケータイゲーム機の需要がかなり高くなっています。
そんな中、中国では、海賊版ゲームが当たり前のように流通している。
日本では禁止されていらっしゃる海賊版、中国では普通に流通しているため、ゲーム機メーカーは頭を悩ましている。

中国では、2000年から14年間、外国のゲーム機の国内販売を禁止していました。
「青少年の精神へ悪影響を及ぼすから」という理由によるものでした。
しかし禁止されていても、違法に輸入して販売する業者は充分存在して、輸入したゲーム機を改造して、正規品の数十分の一という安さで販売される海賊版ソフトができるようにされていたのです。
本来買い取るはずのソフト販売によるロイヤリティをゲーム機メーカーは得られなくなります。
再度外国のゲーム機の販売を禁止したために、中国国内ではパソコンを使ったりケータイを使ったりしてゲームをすることが主流となっていきました。
そのためソニーの「Play Station」とか任天堂の「Wii」「Wii-U」とかアメリカのマイクロソフトの「Xbox」などを知らない世代ができて、それ以外のゲームが知れ渡る要因となりました。

世界のゲーム市場は、1位アメリカ、2位日本、そして3位に中国が入ります。
しかしながら中国ではゲーム専用機が長年にわたり不在だったため、ゲーム市場の3分の2をパソコンゲームが占めている。
中国でゲームソフトを販売すると、海賊版が流通して仕舞うことを懸念して、各メーカーは無料でゲームを提供して、ゲームの中でアイテム課金などによる収益を得られるようにしている。
しかし外国からのゲーム機の輸入が解禁されていらっしゃる現在、ゲーム機も中国国内に流通しはじめている。
ゲームソフトの海賊版問題は、各メーカーの有する大きな問題となっている。
本来ゲームソフトのロイヤリティは、ゲームソフトのメーカーからゲーム機メーカーへ対して売り上げの約30%支払われている。
端末自体に利益は僅かため、ゲーム機メーカーにとって貴重な収入源だ。
中国政府としても取り締まりは強化しておるものの、未だ海賊版、偽造品などが大きく流通しているようです。xn--eckih7fbu9a7mmduere.xyz