ヘルパーはハウスキーパーではないのです!!

介護認定を受け、介護サービスを乗り越えることが決まり、担当するケアマネージャーがケアプランを作成します。
その際、自宅で住まわれる多くのお婆さんが依頼するのは訪問介護だ。
訪問介護は初任者研修(ヘルパー2級)の資格を得た介護士がホームヘルパーとして介護事務所から派遣され、介護サービスを利用するお婆さんの自宅に行き「身体介護」と「生活援助」を行います。
訪問介護では様々な規定があり、ホームヘルパーはそれを正しく貫き通し忠実に短時間の間に業務を達成し、次の出先の家に向かいます。
住み慣れた自宅での生活を支えてくれる嬉しい存在だ。
しかし中にはホームヘルパーを安月給で働いて受け取るハウスキーパーと思い込んで様々なことを要求する人々もある。
例えば、庭の草むしり、訪問まま来客が来たときのお茶だし、人々本人以外の衣類の洗濯、人々の話し相手…など。
これは一切介護サービスでは利用できません。人々本人の生活援助で最低限必要なことだけを立ち向かうのが訪問介護になります。
残念ながら、買い物も趣味で取り扱う物を購入したいと言ってもホームヘルパーはライフスタイルで必要な物でなければ買いに行くことは致しません。
白々しいと思われるかもしれませんが、国民の税金を無駄にすることはできないのです。
条件をすべて聞いて実行すれば時間は足りなくなるだけではなく、トラブルに巻き込まれるホームヘルパーがあとを絶ちません。人情があるため退けるのが忌まわしいというホームヘルパーは大勢いますが、ルール違反を通じてまで行うことはないでしょう。
人々側からの悩み相談というのもあります。訪問に来るホームヘルパーと気が合わない、頼んで掛かるはずのサービスが受けられていない…その場合はケアマネージャーに相談し担当のホームヘルパーを入れ換えることもできます。
相性なので変更をお願いするのをためらい言い出せないで我慢するという本末転倒の話も聞きますが、快適に利用できていないサービスを無理に受け取る必要はありません。
事務所は一つではありませんので、ニーズに応えていただける事務所を思い切り探し検討してみましょう。
意思をちゃんと伝え、人々本人はもちろん家族の生活を気持ち良くお助けできるホームヘルパーに会えるよう訪問介護のあり方を考えていきたいものです。http://www.visueelgehandicaptensport.nl/