ホワイトニングの種類

ホワイトニングには大きく分けて2つの方法があります。
一門は、歯医者で歯医者をめぐってもらうホワイトニング、これを「オフィスホワイトニング」と言います。
歯医者へ数回通院する必要があります。
歯の表面はホワイトニング剤を塗ってそこへ特殊な光を充てる結果薬剤の働きを活性化して歯を白くしていくものです。
使用する薬剤にも種類がいくつかあり、その使用する薬の違いによっても要る費用に大きな差が出てきます。
少ないもので数千円からホワイトニングを行うことができます。
しかし高くなると数万円かかる場合もあります。
また歯医者によっては、ホワイトニングを行う歯の本数によって金額を設定しているところもありますので、上下すべての歯を行うとなるとなかなか高くなることもあります。
しかしオフィスホワイトニングでは、その分短期間で敢然と効果を得られるというメリットがあります。
ただし放置すれば元に戻ってしまうため、定期的なメンテナンスのために通院する必要があります。

もう1つは、自宅で自分で行なう「ホームホワイトニング」という方法だ。
マウスピースに薬剤を入れて使います。
最初に歯医者でマウスピースを作ったり、薬剤を買ったりしなければいけないので費用は二度と安いとは言えませんが、必要なものを揃えればあとは自宅でできるため楽です。
費用は数万円増えるそうです。
しかし効果が出るまでに時間がかかって仕舞うというデメリットがあります。
ただし時間はかかりますがその分、後戻りするのは少ないと言われています。
歯医者に通院するのが面倒だという人、長く効果を持続したいという人にはおすすめです。

一番いいのは2つの方法を併用することです。
オフィスホワイトニングを通院して数回受け、あとは自宅でホームホワイトニングをするのです。
ホワイトニングだけではよく白くならないという人や、色が舞い戻るのが速いという人などは併用する結果おっきい効果を得られると思います。
ホワイトニングは、自費診療で保険が効きません。
ホワイトニングにかかる費用も歯医者によって違いがあります。
利用を検討する際には、事前によく調べて複数の歯医者で金額を確認してから利用先を決めるようにしましょう。
中にはホワイトニングを通していない歯医者もありますので注意してください。http://xn--nckzcza7614i.xyz/