審美歯科治療を試せる年齢について

審美歯科は、健康保険の範囲にとらわれずに、見た目やユーザビリティをグングン追求した治療になります。
(健康保険の範囲内の治療は、悪くなった部分を治すことを目的としていますので、使用する材料や治療方法がとらわれ、見た目はめったに考慮されません。
)審美歯科治療ですホワイトニング、ラミネートべニア、クリーニング、PMTCは治療を行う年齢に制限はあるのでしょうか。
手当てごとにご初回します。

「ホワイトニング」
ホワイトニングは、飲食や喫煙、老化などで着色した自分の歯を白くする手当てだ。
専用の薬剤を歯の表面に一定時間塗って効果を得られるので、歯を削らずに白くすることができます。

歯を白く始める専用の薬剤にはたくさんの種類があり、永久歯であれば使用可能なものや、十分に歯の表面が形成された18歳以上を対象としたものなどさまざまあります。
したがって、歯医者で訴える薬剤によって対象が異なりますので、治療を希望する歯医者にて、ホワイトニングが見込める年齢について尋ねてください。

「ラミネートべニア」
ラミネートべニアは、歯の表面を少なく削り取り、セラミックやハイブリッドセラミックスでできた薄片を貼りる手当てだ。
主に前歯に行なう治療で、自分の歯を最小限に削って、歯の隙間や、形、色などの改善を行います。

歯や歯茎の位置や噛み合わせなどに合わせて治療するので、顎の成長が成し遂げる18歳以降が治療を始める一つの目安だ。
また、親知らずがある場合は、18~24歳頃に生えて歯並びに変化が生じることもあります。
治療を始めるくわしい時期は歯医者とご相談ください。

「クリーニング」
クリーニングは、歯の表面についた着色や、プラーク、歯石などを専用の機械や器具において除く手当てだ。
歯ブラシでは減らすことのできない歯の汚れを落とし、歯本来の輝きを引き戻すことができます。
中でも年齢制限はありませんので、歯が生えたお子様から治療を受けることができます。

「PMTC」
PMTCは、フッ素が配合されたジェルやペーストにおいて、歯の表面の着色やプラークを機械や器具で磨いて省く方法だ。
歯の表面を磨いて滑らかにするため、歯の汚れがもっと付きにくくなり、歯に艶が出ます。
断然年齢制限はありませんので、歯が生えたお子様から治療を受けることができます。

綺麗な白い歯でいたいものですよね。引用