新人教育と学歴

新人教育は学歴によって行われているでしょうか。
無論、テクニカルな知識は学歴による差が無視できませんが、おとなとなって仕事をする段階では、あまり差は感じられないでしょう。
ビジネスマナーを身に付けることや、指示されたことを確実に見込めるかは学歴の差よりも個人差が広いからです。
大学院を卒業していても、社会人として半人前の人は少なくありません。
逆に高校生の方がテキパキ、言葉もきちんとやる場合も多いでしょう。
新人教育のコツは学歴を意識した指導をしないことです。
すべての新人がおんなじレベルにあると考えます。
テストをすれば差は起きるでしょうが、それが会社の仕事ではありません。
営業マンなら、お客様と積極的な会話をすることが重要な仕事だ。
好感を持たれる人と成ることが大切でしょう。
そのために具体的に何をすればいいのでしょうか。
残念ながら、学校では教えてくれませんし、会社も言いつけません。
つまり、自分で考えて身に付けなければなりません。
新人教育のコツにおいて、本人たちに各種ことを考える機会を提供することがあります。
考えるのは学歴と関係なく、最終的な目標が見えていて、今自分がどの位置におけるかを意識できるかと言うことだ。
やはり、すぐに目標に到達することはなく、何年も増える場合もあるでしょう。
それでも頑張ろうという気持ちを持っているなら、いずれは達成できるはずです。
外部からの講師を招いて新人教育を行っている企業は少なくありません。
それは社員が行なうよりも、思い切りコツを押さえているからです。
新人教育のコツは時代背景を意識しながら、それぞれの社員の意欲を引き出すように心掛けることでしょう。
プロの講師であれば、それを敢然と身に付けてある。
社員の教育係よりも、高品質な教育を提供することでしょう。
そこで受けた説明を現場で実践することで、人は新人から先輩へと成長して行きます。
ただ、すべてを会社側が提供しているわけではなく、本人の努力によって結果は大きく変わって来る。
そのことを意識できるようになれば、とっくに新人ではないと言えます。
学歴社会は既に崩壊したと言われていますが、それは個人がどんな考え方を持つかにかかってある。引用