新人教育の注意

新人教育は会社の将来を担う若手を育て上げることですから、非常に重要な役割があります。
そのため、いくつか注意しておかなければならないことを説明ください。
ほんとに、現代の若者は教育指導係となった人とは年代が違うことです。
そのため、一般常識と思っていることが通じない場合も少なくありません。
勿論、本人の考え方や親の考え方によって、かなりの個人差がありますから、銘々を細く観察しておくことが重要となります。
コツとして、話を訊く態度、姿勢などを見てみましょう。
真剣に効こうとしているのか、もっぱら緊張しておるだけなのかを見分けます。
新人教育を長年やってきた人なら、そのコツはよくわかっているでしょう。
現代の若者はスマホを持って、育ってきた世代だ。
これまでとは会話のやり方が違っています。
直接、顔をあわせなくても意思が訪ね見合うと考えているでしょう。
しかし、現実にはそうではない場合も少なくありません。
仕事以外の時間をどのように過ごしているかもポイントです。
昼休みには何をしているでしょうか。
机で休息を取っているでしょうか。
同僚と各種話をしているでしょうか。
話異性と自ら読書やスマホを見ることが異性で行動は違う。
どちらがいいかという話ではなく、そこから本人の性格を見ることができます。
営業職と技術職では求められる性格が著しく異なります。
ようやく配属を検討するのであれば、そのチェックは重要でしょう。
新人教育は短期間ですが、それだけで社会人としてのすべてを習得できるわけではありません。
実際の現場で各種ことを学ぶ必要がありますし、何年もの経験を経て得られることも多いでしょう。
ビジネスマンとして頑張ろうという意思があれば、いかなるきついことでも乗り越えられます。
しかし、安易な気持ちで会社に入社やるなら、すぐに辞めてしまう人も出てきます。
苦しいことを言えば、パワハラと受け取られる時代だ。
教育指導係も注意が必要です。
ただ、理解してもらわなければならないことだけは敢然と説明して下さい。
その場で理解できなくても、何を理解すべきかわかってもらえばいいでしょう。引用