暑中見舞いのデザイン(デザート)

先日、郵便局に行く用事がありました。中に入ってみると、暑中見舞いの葉書が展示販売されていました。すでにそんな時期ですなと、季節が越えるのは手っ取り早いなあと思いながらその葉書を眺めていました。今年から新入社員として新しい職場でがんばってある人達は、徐々に仕事には慣れてきたのではないでしょうか。上司との関係はいかがですか?毎日顔を合わすは思いますが、こんな上司に暑中見舞いを送ってみるのはどうでしょうか?日頃の感謝をこめた葉書をどうにか出してみませんか?

新人から暑中見舞いが来ると、上司は絶対に有難いはずです。関わりが今以上に一心になって、その後の仕事もスムーズに手がけることができるかもしれません。暑中見舞いは梅雨明けの暑くつながる頃に差し出し始めます。まったく準備する時間が腹いっぱいありますので、是非検討してください。

葉書のデザインはどうしたら良いんだろう、と考え込むことがあるかもしれません。暑中見舞いは、梅雨明けから立秋前までに押し出すことになっています。立秋は8月7日頃のことです。ですので、当然夏のものをデザインとして閉じ込めるのが最適です。夏をイメージさせる白々しいデザートの絵を添えるのはいかがでしょうか。閃く絵を入れれば大丈夫です。例えば夏の和菓子はいかがでしょうか。代表的なもので、水羊羹などはいかがですか。上司が和菓子好きならさらにいいでしょう。その他、かき氷やアイスクリームなども涼しさを表現できる夏のデザートですね。こういうものを考えて葉書のデザインとして入れてみましょう。必ずや素敵な暑中見舞いになると思います。

やっぱ暑い時期ですので、涼しさを感じさせるデザインにください。その葉書を見た上司の暑さが多少なりとも吹き飛ぶといいですね。そんな少しの気遣いが、今後の仕事をスムーズにさせるのだと思います。暑中見舞いを現す人は、一般の人も少なくなっているようです。そういう時代だからこそ、少しの手間をかけて、上司に感謝の言葉をそえて暑中見舞いを押し流すことは何とも素晴らしいことです。是非今の時期にちょっとずつ準備していってください。立秋を下回るようにだけは注意して下さいね。参照サイト