DMMの主力となっているブラウザゲーム

「DMM」の生みの親です亀山敬司氏は、実家が大きい事業を行う商家だったこともあり、亀山氏もさまざまな事業を努め、1980年代後半にレンタルビデオ店を始めたところ、それが成功し業容が拡大していきました。

その後、アダルト事業や動画配信でもっと成長して赴き、今では、アダルトだけでなく、動画配信とオンラインゲームを主力に、オンライン英会話、オンラインサロン、通販、家事代行、電子書籍、FX、株、ビットコイン、DVD/CDのレンタル、さまざまな商品のレンタルサービス、AKB48グループの動画配信、太陽光発電など、約40以上のジャンルの違うサービスを展開してある。

これだけたくさんの事業を展開しているDMMは、ういういしい社員などが提案したアイデアや意見を積極的に吸い込み、その場の思いつきによって生まれたものもあります。なかでも、大ヒットした「艦隊これくしょん‐艦これ‐」も、当初、亀山氏はまるで気が進まなかったようですが、アッという間に顧客数が激増するほど人気を集めるブラウザゲームになりました。

DMMのブラウザゲームは、“エロゲー”と呼ばれる成人向けゲームが多いように思われますが、一般的なゲームも充実しています。タブレットでも遊べるものもあり同期も可能なので、家ではパソコンの高い画面でサクサクプレイし、外出中もスマホでデータを共有して続きを楽しむなど、どこでもお気に入りのゲームを楽しむことができます。

DMMブラウザゲームは、基本的に無料で遊べますが、規約で18歳未満は禁止になっています。その理由は、“アイテム課金”が社会的に問題になり、18歳未満の未成年者はゲーム自体を利用できなくなっていらっしゃる。また、「DMM.R18」というアダルト商品を立ち向かうサイトでは、概してがアダルト描写のあるゲームになります。ただ、18歳未満でも、実際には会員登録して遊べてしまうので、トラブルにならないように気をつけないといけません。

一般的なゲームを楽しみたい方は「DMM GAMES」、アダルト描写を探し回る方は「DMM.R18」によると良いです。こういう2つは、簡単に乗り換えることができますし、DMM.R18も基本的に無料で楽しむことができます。なお、DMMブラウザゲームを始めるには、会員登録が必要ですが、メールアドレスとパスワードを入力して、そのアドレスに送られてきたメールに記載されているURLにアクセスするだけなので、手間もかかりません。アリシアクリニック町田院のお得なキャンペーン予約